占術の1つとしてよく耳にする「五星三心」について調べてみた!

五星三心占い
「五星三心」は、ゲッターズ飯田さんのオリジナルの占術です。

ゲッターズ飯田さんと言えば、人気が衰えることを知らない占い師さんですよね。そんなゲッターズ飯田さんが、様々な占いを研究した結果、13種類の占術を組み合わせ編み出した占術です。

東洋の占星術が主たる部分で、「四柱推命」「手相」「占星術」「姓名判断」などが組み合わさっています。

各占術の長所を生かし、短所を補うことができるようになりました。自分自身、占いをいくつも受けて、ゲッターズ飯田さんが生み出した「五星三心」は、生年月日で見ていきます。

6タイプ(12種類)のパターンに分かれた、「命数」を導き出すことであなたの星が決まります。

羅針盤・インディアン・鳳凰・時計・カメレオン・イルカの6タイプで、生まれた年数が偶数の人は「金」、奇数の人は「銀」となります。

「命数」の計算方法

1.早見表から運命数を調べます(早見表は、スマホなどで「運命数早見表」で検索すると、出てきます)
2.生まれてきた日を足します(もし計算して60を上回った場合は、60を引きます。もし、65ならば、あなたの命数は5です)
3.生まれ年が偶数なら「金」、奇数なら「銀」(1980年なら偶数なので「金」、1981年なら奇数なので「銀」です)

命数が1~10が「羅針盤」、11~20が「インディアン」、21~30が「鳳凰」、31~40が「時計」、41~50が「カメレオン」、51~60が「イルカ」です。

「五星三心」で占えるのは、

・恋愛について
・結婚について
・仕事について
・金運について
・開運フード
・開運スポット
・開運カラー

などです。